市川桃女紙人形遺作展

  • 2016.11.19 Saturday
  • 16:14

10月29日(土)〜11月20日(日)の期間
1階「旧客間」6部屋にて開催中の「市川桃女紙人形遺作展」。

 

 

伊勢に生まれ育ち、伊勢を中心に人形制作活動を行った

紙人形作家・市川桃女(とうじょ)さんの遺作約30点を展示しています。

 

可憐な少女や童からしっとりした大人の女性まで。

どれも凛とした立ち姿が素敵です。
和紙によって作られた、柔らかく温かい表情もとても魅力的です。

 

最終日の11月20日(日)には

市川さん関係者の方を含む伊勢音頭・幸栄会社中が

伊勢音頭でおもてなしをしてくださいます。

合わせてお楽しみください。

 

 

西行展示

  • 2016.11.19 Saturday
  • 10:36

11月2日(水)〜11月30日(水)
1階「旧客間」6部屋と旧客間前ホールにて

安養寺跡出土品や西行に関する資料の展示をしています。

 

 

 

展示説明会はすでに終わってしまいましたが、

西行実行委員の方もちょくちょく顔を出してくださっていますので、

運が良ければ会ってお話が聞けるかも?

 

今月末までの開催です。西行について勉強してみませんか?

西行さんと遊ぼ!

  • 2016.11.13 Sunday
  • 19:27

11月13日(日)「寿の間」にて

西行さんの時代の遊びや「西行かるた」体験ができる催し

「西行さんと遊ぼ!」が行われました。

 

盤すごろくは、碁盤や将棋盤などと同様の「双六盤」の上で、

多数の駒をサイコロの目に従って動かすというゲームで、

平安時代の貴族の間でとても流行した遊びなのだそうです。

実際にやるととても頭を使います。

 

 

他にも西行カルタのビッグサイズ。

遊ぶうちに西行に関して詳しくなれるだけでなく、

取りにいくのに体も使い運動になる!という一石二鳥のなんとも素晴らしいかるた遊びです。

 

参加した皆さんの笑顔が、これらの遊びの楽しさを証明していますね。

 

西行演劇「命なりけり〜西行、覚悟の旅立ち

  • 2016.11.06 Sunday
  • 19:46

11月6日(日)「大広間」にて西行演劇が上演されました。

 

来場者には竹皮に包まれた”西行弁当”も渡され、

上演前から西行の世界を感じられるという粋な演出。

 

 

演劇は西行の二見での生活と旅立ちをわかりやすい形で理解してもらおうと

二見浦西行実行委員会の方々が作られたもので、

脚本も演者も素人とは思えない出来上がりでした。

 

 

皆さん二見地域の方々で、旅館や民宿、土産物屋さん、食堂などなど様々なご商売をされています。

お忙しい中、音響、照明、衣裳、美術に大道具、小道具の準備。

そして練習に練習を重ねこの日を迎え、とても晴やかな表情をされていらっしゃいました。

120畳の「大広間」に約200人の観客!満員御礼!の大盛況ぶりでした。

 

第53回二見浦俳句大会受賞句

  • 2016.11.04 Friday
  • 19:16

受賞句をご紹介します。
子どもたちの思わず笑みがこぼれてしまう真っ直ぐな俳句
情緒豊かな大人の俳句

どちらも素敵な俳句ばかりです。

第53回二見浦俳句大会

  • 2016.11.03 Thursday
  • 16:32

 

11月3日(祝)に「大広間」にて二見浦俳句大会が開催されました。

今回で第53回を迎えた毎年恒例の行事です。

 

まずはじめに、夏休みの期間に募集した子ども俳句の上位入賞者15名の表彰式を行いました。

今年は応募総数3591句。

過去最高を毎年更新しており、今年は昨年のさらに1.5倍という驚くべき応募数でした。

そしてその中から三重県俳句協会会長・橋本輝久先生により50句を選んでいただきました。

 

 

いずれも賞品は賓日館家族招待券と二見シーパラダイスペア招待券、

マジックでもお馴染み清崎博先生の描いた俳句のイラスト入り色紙、

紅白塩ようかんです。

 

 

 

清崎先生のイラスト入り色紙は毎年ご厚意で入賞50句分描いていただいています。

本当にありがたいことです。

 

その後大人の部が開催され、55名の方に投句していただきました。

選者は橋本輝久先生、尾崎亥之生先生、平賀節代先生の3方にお願いし、

10名の方が受賞されました。

 

受賞された皆さん、おめでとうございました!

菊の展示

  • 2016.10.31 Monday
  • 16:22

 

今年も菊がやってきました。
二見在住の鈴木隆義さんに毎年お願いして展示していただいています。

 

 

賓日館で展示している菊は天地人作りという仕立て型だそう。

苗一本から3本の主枝を伸ばし、天地人の段差がつけられています。

 

今が見ごろの香菊、南十字星という素敵な名前の菊も開いてきました。
皇族の方々が宿泊された賓日館に菊はぴったりです。

 

おひなさまめぐりプレイベント 変わり雛「伊勢音頭雛」

  • 2016.10.26 Wednesday
  • 15:38

毎年「おひなさまめぐりin二見」で約1000体のお雛様を展示する賓日館ですが、

必ず一つテーマを決めて変わり雛を展示しています。

 

今年は「おひなサミット」でした。

 

そして早くも来年の変わり雛「伊勢音頭雛」のお目見えです。

 

 

無形文化財指定へと活動している伊勢音頭を応援する気持ちを込め、

スタッフがこつこつ浴衣を着せ、手ぬぐいをかぶせました。

浴衣には伊勢音頭の文字。すべて手書きで南部観光大使が書いてくださいました。

 

 

先導車の五人囃子による演奏に、桟敷席で見物する親王雛たち。

伊勢音頭を踊るお雛様たちは86体、玄関から廊下までズラリと並びます。

総勢約100体のお雛様による伊勢音頭です。
是非観にいらしてください。

花だより

  • 2016.10.26 Wednesday
  • 15:33

 

足元を照らすように、石蕗(つわ)が綺麗な黄色の花を咲かせています。
咲く花が限られているこの時期、とても尊く感じます。

賓日館でお琴を体験

  • 2016.10.22 Saturday
  • 15:23

 

お琴に触れてもらおうと、館内に2面置かせていただいています。

 

ひとつはドレミファソラシドに、

もうひとつは平調子というお琴の基本調子に音を合わせています。

 

ドレミの方は知っている音楽を好きに奏でていただけます。

 

平調子の方には「さくら」の楽譜を置き、だれでも弾いていただけるようにしています。

 

設置直後から多くの方が弾いていかれ、

男性の方でも「さくら」を上手に奏でていらっしゃいます。

 

「こんなにきれいな音がでるんだ」

「人生で初めて触った!」

と喜んでいただいています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM